どこにいても 誰もが働ける時代を立科町から
新しい働き方で より創造的な仕事を
立科テレワークで 未来の働き方を一緒に

人口7000人の町が本気で働き方改革やってます。

田舎だから 仕事がない。都会にいないと 仕事ができない。
そんな常識はもう終わりにして どこにいても誰もが働ける時代へ。
立科町はテレワークという方法で 地方の新しい働き方に挑戦しています。

”働きたい”をカタチに

立科町は移住者や住民の多様な人たち(子育て世代→障がい者及びその支援者→高齢者→ニート・ひきこもり等へ展開)が、
町のあらゆる場所でICTを活用して仕事を通した社会参加を果たす[社会福祉型テレワーク]の実現をめざします。
地方創生推進交付金を活用し、「企業進出型テレワーク」と「雇用創出型テレワーク」の2つを並走し、[社会福祉型テレワーク]実現に向け、
企業誘致や、ワーカーの育成・業務受発注等を、企業・関係団体・先進自治体と連携し取り組んでおります。

立科町の取り組み
・なぜ町が働き方改革?
・企業進出で叶える働き方の多様性
・新しい雇用のカタチ
  「町内テレワーカー」
・”行政×テレワーク”は企業にもメリットあり
・社会福祉型テレワークについて
・多くのサポーター企業とのつながり
・新時代の私らしい働き方

Initiative

企業進出型テレワーク
・立科町ならすぐできる
  「おためしテレワーク@たてしな」
・宿泊して仕事をする開発合宿の
  「立科Work Trip」
・サテライトオフィスについて
 自然豊かな地方で業務を行う事をお考えの皆様
 数日間のお試しからサテライトオフィスの
 ご案内までご用意してお待ちしています。

Business advance

雇用創出型テレワーク
・私たちが想うサービスは皆さまへのアシスト
・ワーカーの個性を生かしたサービス提供
  入力業務
  Web業務
・その他
  SNS運営、チラシやパンフレット制作 等、
  こんな業務をお願いできるのだろうか?を
  ご相談ください。

Job creation