newsニュース

関係人口の創出ー地方に住む人材活用のロールモデルー

2022.06.23

■業務内容
TeamPlaceサービスワークプレイスのリサーチ&リスト作成からメールでのアプローチ業務。および掲載記事のライティングを依頼しています。この他にもスポットで発生するものに関しても相談しながら着地点を決めて依頼する業務を切り出しています。

■依頼のきっかけ
立科町の町内事業者の経営課題をテーマにしたアイデアソンイベント(関係人口を創出する企画-タテシナソン)を受託した際、テレワーク事業を手掛ける役場の方からご紹介いただきました。2021年度に依頼するまでは上記の依頼業務を社内でこなしていましたが、案件が増えるにつれ記事を書く人手が足りなくなり、この課題解決として地方の人材活用という新しい試みに挑戦することにしました。
また、わたしたちは働き方の支援なども行っており、テレワークで立科町から仕事をしているみなさんへ共感したこともきっかけのひとつです。というのも、会社が掲げている“世界中の誰もがどこでも豊かに働き生きる社会へ”ということが、生活基盤を移すことなく仕事をするといったスタイルで働くことを体現しているわたしたちと立科町テレワークセンターが見事にマッチしたと思います。

■業務課題
前述にもある通り、目の前のタスクに対して圧倒的にリソースが不足していましたため、社内で業務改善策が話し合われました。

■業務依頼までの経緯
まずはディレクターの方と“どんな業務ができるのか”や“どれくらいのボリュームを頼めるのか”という点について相談しました。話を聞いていくと子育て世代の方が多く在籍していることを聞き、まずはお子さんの面倒をみながらでも成り立つような業務設計にしました。はじめはツールに慣れてもらうため小さいタスクを依頼して、徐々に慣れてきたらステップアップして現在核となる方を含め3名の方に活躍してもらっています。また、定期的にオンラインミーティングを開き、情報共有しながらスムーズに進行しています。

■選定ポイント
第一に信頼できること、また、ライティング業務の経験がある方が多く在籍している点。

■感想
業務をともにすることで気づいたことは、新しいことへも常にチャレンジする姿勢です。いまではなくてはならないチームの一員としてわたしたちと一緒にサービスを創っていますので、今後も、現業務の拡大に向けた協力体制の強化や、新しい業務のご相談もできればと思っています。

トップへ戻る